ねこ 病気 水

ネコは腎臓病、泌尿器系の病気になりやすい

 

 

 

 

 

安心安全なネコ専用の高濃度水素水Dr.にゃんすい」はクロネコヤマトの宅急便でネコちゃんのご自宅までお届けします。

 

ネコは1日に150mlから200ml程度の水分が必要と言われます。ネコは尿が凝縮されるため、ストルバイトやシュウ酸カルシウムなどの結石(尿結石)ができやすくなります。

 

毎日の水分摂取量が少ない場合には、腎不全の可能性もあり、腎臓病や糖尿病肝炎や猫白血病ウイルス感染症などの病気の可能性があります。

 

 

ネコのDNA

 

 

ネコのご先祖様は リビアヤマネコ、リビアは北アフリカの砂漠の国。

 

そこで生き抜くためには、最小限の水分摂取で生命を維持してきたわけです。 
ネコは腎臓で尿を凝縮することを繰り返し体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。
祖先が作り上げてきた身体の機能=摂取水分が少なくても生きていけるのです。

 

猫も人と同じく、水・タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラル・ビタミンという6大栄養素がないと生きていけません。
水がなければ生き物は生存できません。

 

暑いときは水を多めに飲んで血液を循環させ、排尿することで体温調節を行っています。

 

 

Dr.にゃんすい

 

 

毎日の生活の中でのストレス
水の中のミネラル成分
ごはんややおやつに入っている酸化した油脂
これらの毎日の積み重ねが ネコちゃんの病気の原因に

 

 

ネコちゃんのこんなサインはありませんか?

 

 

・水を飲む回数が増えた
・最近体重が減ってきた
・毛並みがパサついてきた

 

・ご飯を食べなくなった(食欲不振)
・嘔吐がひんぱんになった
・オシッコの量が(回数)増えてきた
・下痢

 

 

ネコの療養食、おやつ、毎日のご飯に感心あっても
水はどうなんでしょうか??

 

 

自宅でできるネコの健康管理のひとつとして

 

 

細胞を酸化させる活性酸素(老化や病気を引き起こす原因になる・ヒドロキシラジカル)
に対抗する抗酸化物質としての水素水、最近多いアレルギーの子にもおススメです。

 

 

「ドクターにゃん水」は不純物を含まない水に水素を溶かした強い抗酸化力をもった水です。

 

 

 

中野クリニックの鈴木朝久先生(NHK「あさイチ」)は、こう おっしゃいます。

 

 

私は病院での治療は
「痛みやストレスを与える治療は無理に行うものではない」と、考えます!


 

 

 

 

 

基本的にはいいものを与えて、病気の根本的な原因となる活性酸素を除去してやることだと思っています。


 

 

 

 

 

 

 

 

ミネラルが0なのも腎臓病などの病気になりやすいネコには最適ですよね!


 

 

ネコの水にまつわる泌尿器系疾患

 

 

慢性腎不全

腎臓は、流れ込んできた老廃物などを含む血液をろ過してその余分な水分や老廃物を除去し、きれいな血液にして体内へ戻す役割が基本的。
(ネコの腎臓にはネフロンと呼ばれる組織が約20万個・ちなみにヒトは片方の腎臓だけで 100万個あります)

 

腎臓病が進行すると慢性腎不全に至り

 

・水をよく飲む
・オシッコの回数が増える
・嘔吐
・体重減少
・便秘
・下痢
などの症状が見られます。

 

慢性腎不全は進行性の病気で次第に老廃物の排出ができなくなるため、尿毒症など死に至る症状に陥ることがあり、注意が必要です。

 

また、この病気の恐ろしいところは、ネフロンは加齢とともに喪失しますが、3割ぐらいなくなっても顕在化することがなく、潜在的に腎臓の機能低下が進行してしまうということです 。

 

子猫の頃からの食事ケアで、腎臓に余分な負担をかけないよう配慮することが、腎臓病への予防につながると考えられます。

尿結石、尿路結石

腎臓〜尿管〜膀胱〜尿道のどこかに結石ができる病気です。
(アルカリ性でできるストラバイト結石or 酸性でできるシュウ酸カルシウム結石)その結石によって起こる膀胱炎

 

ストラバイト結石、カルシウム結石というネーミングからもわかるようにネコにとってはカルシウム、マグネシウムというミネラル含有量も気になります。

 

シニア猫ちゃんにはマグネシウムを抑えたごはん、それにミネラル0
「ドクター・にゃん水」はうってつけではないでしょうか 。

 

症状として....
・おしっこに血が混じっている
・トイレに行く回数が増えた(しかし量が少ない)
・結石が尿道を圧迫している可能性あり。

 

運動不足、偏食、ご飯をあげすぎの肥満気味の猫にも尿路結石の原因と考えられていますので要注意です。

 

キャットタワーなどネコの上下運動は本能的にも有効ですし、さらには筋力維持にもつながります。

膀胱炎

ネコの祖先はリビア猫、砂漠という水のないところですから最小限の水分摂取で、腎臓で尿を凝縮することを繰り返しネコは体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。

 

猫にこのように泌尿器系(ざっくり言えば 腎臓・尿管・膀胱・尿道など)の病気が多いのは、ねこのネコとしての進化の過程からきているということなんですね。

 

そしてこの泌尿器系の病気は♀より♂に多く、尿道口を頻繁にペロペロしていたら注意が必要でしょう!クリニックへ相談することも考えましょう。

 

膀胱はオシッコの貯蔵タンクです、それが満タンになってオシッコが出ないとなるとその痛みは計り知れないだろうと思います。膀胱炎は読んで字のごとし膀胱が炎症を起こしてオシッコが出ないわけですから心配です。

 

 

お宅のネコちゃんもネコの長寿記録である
34歳の記録を塗り替えてみませんか?

 

 

 

 

Dr.にゃんすい
10239

安心安全な猫専用の高濃度水素水「Dr.にゃんすい」の特徴!

 

・腎臓病や泌尿器系の病気にも負担がかからないミネラル0
・ホタルが生息するほどきれいでおいしい広島県竹原市の天然水を使用
・獣医からの推薦が来るほどの安全性

 

・病気を引き起こす原因になるといわれる
 活性酵素に対抗する水素を1.7ppm含有

 

・4重構造アルミパウチを採用することで150日間しっかりと水素を逃がさない

 

・業界初「高い品質」を保ちながらもペット用の水素水「最安値」を実現
・222名さま・限定先着5大特典付き

価格 容量 おひとり様1回限り
¥9200   200ml/20本セット 222名さま・限定先着¥2.841

 

 

 

 

ネコの糖尿病

 

 

人間の糖尿病の存在は知っていますが、ネコ様にもその兆候

そしてそれが実際に発生しているということなんですね。

 

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに
血糖値が高くなっている状態のことです。 放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。
糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

 

インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。

 

その糖尿病の種類には1型、2型の2種類あるそうですが、ネコ様はこの2型糖尿病に近いと考えられているそうです。
そして犬よりもネコの方が糖尿病になりやすいそうです。

 

そもそもネコは正真正銘の肉食動物ですからね!
さらにそのご先祖はあのカダフィ大佐のいた北アフリカのリビアといいますから、糖尿病が考えられないことはないと思いました。

 

 

 

水のない砂漠で水分摂取も最小限で済むように進化を遂げてきたネコ様、猫も人類と同じく
水・タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラル・ビタミンという6大栄養素がないと生きていけません。水がなければ生き物は生存できません。

 

 

 

ネコは寒さにも弱いですが、暑さもやっぱり苦手のようです
人間も暑いときは血液がドロドロにならないように水分を補給して血液を循環させ排尿して体温調節しています
ネコ様だって同じこと、糖尿病といえば、食べ過ぎや運動不足、肥満 というキーワードが浮かびます。

 

 

 

ネコは好き好んで運動なんかしません、するはずもありません。
それらしきものといえば「玉をとる」、そのほかに人間にちょっかいを出す、水平移動より垂直移動が好き

 

部屋の中で生活する現代のネコ様はキャットタワーが関の山でしょう。

 

人間の側が食生活に充分な配慮を心がけておかなければならないということですね。

 

 

 

 

 

       NECOlumn

 

犬や猫などから感染する「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」にかかった福岡県の女性が2016年に亡くなっていたことが2018 1月15日、分かった。

 

 

 

野良猫にごはんを与える女性、だったそうだ。公園付近だったり、アパートの片隅だったり、保護観察所の芝の庭だったりにネコ用のカリカリを見出すことがあります。ほとんどがこのような女性であったりするのではないでしょうか?!

 

男性だったということはあまり聞いたことがありません。

 

 

どこか寂し気なひっそりとしたおとなしそうな、派手さもない、最近は恋愛からも距離を置いてる
どっちかといえば無口な女性のような印象を持ってます、ネコにご飯をあげている女性は。

 

 

ネコに向かって「お腹空かしてるんだよね?!」「私も一人ぽっちだからお友達になりましょ!」
といって時間をかけてお互いお友達になり、ついにはご飯をあげてしまうんだと思います。

 

 

 

厚労省が症例を公表している01年以降では国内初の死者
コリネバクテリウム・ウルセランス感染症の初期症状はせきやくしゃみなど。

 

 

 

この野良猫をホットケナイ心優しい女性の死因は呼吸困難。
死亡したのは60代の女性、一つ思い浮かぶのはこの女性の免疫力の低下、年代からそう察しました。

 

それに外出から帰ったときの手洗い!これは感染症予防の1丁目1番地、最優先課題であり、効果絶大なのであります
うがいも加えれば感染症対策においてはまさに鬼に金棒的行動ですから。

 

 

 

この亡くなった女性は16年5月に呼吸困難で救急搬送されて3日目に亡くなった。
野良猫からの接触感染とみられる。
犬や猫に風邪に似た症状や皮膚炎などがあればすぐに対処してくださいね!

 

 

要は毎日の犬や猫への観察です、しっかり愛犬を愛猫を見ててくださいね。

 

 

 

 

 

 

参考:ネコの食欲をそそるごはん、それは食いつきでしょ!